Genesis / The Battle of Epping Forest 耳コピ


Genesisの名盤「Selling England By The Pound」より「Battle of epping forest」であります。

1973年リリースの本アルバムはおそらく人生で一番聴き込んだものではないかと思う。

とにかくメロトロンのサウンドにノックアウトされた。楽曲と演奏の素晴らしさはもちろんであるが、なんといってもメロトロン!。オープニングのDancing with the Moonlit Knightのコーラスにはホント痺れた。当時中学生だったかな。Steve Hackettのライトハンドやスイープ奏法の先進性は当時は全然わからなかったけども、Van Halenより全然早かったんだね。

で、この「The Battle of Epping Forest」なんだけど、正直言って最初はピンとこなかった。だってメロトロンが聞こえないじゃんって(実はイントロのマーチ風のところで使われているんだけども・・)。しかし曲の凄さが時を経て理解できるってのはよくある話で、この曲も然り。10分の長尺の中、幾度となく繰り広げられるタイムチェンジやリズムギミックなど聞き所満載なのであった。

原曲

トニー・バンクスは、オルガン、ARP Pro Soloist、ピアノ、エレピという布陣である。キーボードのアイソレーテッドバージョンがYoutubeにあった、便利な世の中だな。ただし後述するが、最終ミックスとは異なるテイクの可能性があるようだ。

キーボード版

オルガン版

イントロのマーチは7拍子であるが、この曲のモチーフでもある。Aメロも同様に7拍子(コードはBのペダルポイント)。

C#2(E#) – G(b5) – A – Bという変わったコード進行も出てきたりする。

8分音符3つ取りでシャッフルになるタイムチェンジなど、フィル・コリンズのリズムワークがこの曲の重要なポイントであるように感じられる。

そしてこうした伏線をすべて回収、昇華するエンディングが特に素晴らしい。下記はラストのモチーフ

曲中何度か出てくるラインだが、エンディングではこの後、前述のAメロの「F#/B – B」のモチーフに移行し8分音符2つどりの7/4へタイムチェンジする。

フィル・コリンズのドラムとマイク・ラザフォードのベースは、2小節ごとに8分リズムをひっくり返して演奏しているのがなんともニクい・・セッション中に思いついたのかな?(下記7小節目は8分裏にキメが入っている)

譜例の8小節目移行のベースラインはレコーディング時の勢いで弾いているようで、特に9~10はかなり怪しい(笑)コードはGとかCなのに相変わらずBメジャーのスケールで弾いとるね

ピーターが脱退後のライブバージョンを聞いてみると、この部分はしっかりコードにあっているラインを演奏している。レコーディング時はそのままキープしちゃったんだなあと思われる(誰も気にしなかったんだろうな)。なお11小節7拍目のEbであるが、トニーのオルガンはアイソレーテッド版はちゃんとEbを弾いているが、なぜかレコーディング版はEのコードを間違って弾いてしまっているようである。

そしてハケットのタッピング(?)で怒涛のラストへ・・

ドラマチックなコード展開、最後のAm6のサウンドがキュンときますね。

というわけで、緻密な楽曲構成とアイデアには脱帽、ブラボー!

このメイクは今だとNGですかね?

Selling England By the Pound

Selling England By the Pound

posted with amazlet at 20.01.11
Genesis
Atlantic (2014-11-17)
売り上げランキング: 22,560

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください