Bruce Hornsby Harbor Lights ブルース・ホーンズビーのピアノ


 

Harbor Lights

Harbor Lights

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: RCA
  • 発売日: 1993/04/06
  • メディア: CD

 

メセニー先生参加のブルース・ホーンズビー93年のアルバムタイトル曲。

最近リミックスバージョンがあるの知りました:
http://www.spike.com/video/bruce-hornsby-harbor/2791495

ポップな曲なんだけど、実は非常に奥深いハーモニーが使われてます。メセニー参加するくらいだからやっぱただ者ではない。さすがホーンズビー!!

さてイントロのピアノ:
オープンボイシングで、Bb2/D – Eb6 – Eb/D Ab2/C といった広がりのある美しいハーモニーが使われてます。不必要なテンションは無く、シンプル、でも非常に凝ったボイシング。
※以下、ベタな打ち込みです

BH01.mp3

BH_01-527f8

曲が進行するにつれ、どんどん複雑になっていきます。
中盤のTutti

BH02.mp3

BH_02-199e0

耳コピはあまり正確ではないかもしれません。基本はルート+5thのパワーコード上に9th-5th-M7を乗っけてぶつける、、みたいな感じです。

近代クラシックとかエマーソンなんかもよく使ってますが、バップジャズ風ではない、5度重ねのパワフルさと、緊張感と広がりのあるハーモニーが調和した非常に洗練された手法かと思います。

さて、これをバックにソロ演るのは超ムズいと思いますが、しかしさすがパット先生、見事な纏め方です。

一筋縄では行きそうも無いと思ってたら、案の定、中盤になると突如どうしたんでしょう?手が付けられないアウト模様が繰り広げられます。

BH03.mp3

左手は4thビルド中心で並行的に動いてるんだけど、理屈はよくわかりません。でも超カッコええです。

BH_03-09148

メセニー先生、ここで俄然張り切ってアウトし始めますが、「あ、これジャズじゃなかったんだよねー」と最後は冷静に纏めてソロ終了。

※後日談では「いままで弾いた中で、ソロが最も難しかった曲のひとつだよ、フッフッフッ」と冷静に話してたと思います。たしかにポップな曲なんで、それにフィットするソロを演奏するのは至難のワザだったにちがいありません。

という訳で、まさに羊の皮を被ったオオカミの様な凄い曲です。ボーカルの合間を縫って聴こえるエレクトリック・シタールのオブリもかっこいい!

この曲だけでも本アルバムは買うべきかと思います。

Harbor

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください