Anomalie(アノマリー)、 アーティスト


Anomalie(アノマリー)

Anomalie(アノマリー:Nicolas Dupuis)とは?

Anomalie(アノマリー:Nicolas Dupuis) は、カナダのモントリオールを拠点として活躍する多彩なキーボーディスト、プロデューサー。

やっぱりSpectrasonicsファミリー(?)らしくソフト音源「KEYSCAPE」のデモ動画にも出演している。

若くしてクラシック、ジャズの教育を受け、2012年に著名な奨学金制度、YannickNézet-Séguin(Philadelphia Orchestra、Rotterdam Philharmonisch、Orterchester Philharmonisch)の優秀賞の初代受賞者になったという。たしかにかなりの実力派というのは動画を見るだけでわかる。

作品はすべてSOUNDCLOUDで公開中。

ハーモニーセンスやビートメイクは基本ジャズをベースにした今風なもの。5度重ねやクラスターを多用したm9(11)など個人的には非常に好みのボイシング。

なお譜面も SOUNDSLICE というインタラクティブデジタル楽譜サイトで購入できる。なにこれすごい!

以下はsoundsliceでのフリーサンプル。

まあEPアルバムに収録されている曲は全部似たり寄ったりと言ってしまうと元も後もないが、フューチャーファンクとでも言うのか個性的なサウンドであることは確か。カナダ人なのでフランス語。

StudiologicのSL88も使っている。DAWはAbletonLive?オーディオ・インターフェースはApollo Twinかな?

これまた注目株のアーティスト Rob Araujo ともコラボしてる。ビートメイクの傾向も確かに二人は似ているかもしれない。世界最大の楽器見本市「NAMM SHOW」でも一緒にデモってたらしいですね。

ちなみにRob AraujoもSpectrasonicsエンドーサーのよう。さすがEric(Percing)顔が広い。

ライブパフォーマンスも盛んに行っているようで、スケジュールを見ても結構ソールドアウトが目立つ。北米ではすでにかなりの人気アーティストになっているようである。どちらかというとミュージシャン受けするような音楽なのかもしれないが、まだ日本での知名度それほどではないようだ。しかし遅かれ早かれJacob Collierみたいに日本でも近いうちブレイクするだろうと思う。

来日の予定はないのかな? ところで前述のsoundsliceっていうサービスはかなりよくできていて、移調やらタイムコンプレッションなんかにも対応している模様。こちらも注目。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください