Lyle Mays / Before You Go ピアノソロ


Lyle Mays / Before You Go

Lyle Maysの1988年のソロアルバム「Street Dreams」から「Before You Go」のピアノソロ。自分が好きなLyleのピアノソロといえば、First Circleをはじめ数多あるのだが、この曲のソロはまた格別に素晴らしいと思う。

パーソネル(CDより)

  • Lyle Mays: Piano, Keyboards
  • Steve Rodby: Electric Bass
  • Steve Gadd: High Hat, Cymbals
  • Vicki Randle: Vocorder

これに 8(vln1)-6(vln2)-4(vla)-5(Vc1)-4(Vc2) という弦が加わる構成。リズムは基本打ち込みをガイドにガッドのハイハットとシンバルのダビングでヒューマンなノリを演出しているようです。当然ですがドラムフレーズとしての整合性は希薄・・というかここではあえて求めていないのかな?

なおこの曲でのローズサウンドはどうやら Kurzweil らしいです。

メロはおなじみのパイプ風シグニチャーサウンド。今でもよくわからないが、クレジットされてるVocoder(CDのクレジットは誤字)って一体どのパートなんだろう? ひょっとしてパイプサウンドがそうなん?

コード進行は比較的シンプルだが、テンションを多用したボイシングがライルらしい。譜面はDAWのノーテーション表示なので、装飾音等は変な表記になってます。ごめんなさい。

で、肝心のソロですけども・・

Lyle Mays / Before You Go

とにかく出だしと装飾音の使い方が素敵。リズムの32分や三連っぽいスリップ具合も素晴らしい。Cm7(b5)-F7あたりはビル・エバンスっぽい感じです。AbM7(#5)のハーモニー感がいいなあ。

Lyle Mays / Before You Go

左手のボイシングはよく聞こえなかったのでところどころ割愛してますが、後半はA7-D7-Db7-C7のドミナントモーションでFmへ。

Lyle Mays / Before You Go

2コーラス目になって音数も多くなってくるわけですが、F7-EM7-A7のスリップ感はたまんないですね。32分ズラシなんだろか?Lyle Mays / Before You Go

※譜面の3連表記はDAWのバグです、、、すみません。

D7-Db7-C7のブルースピアノの「コロコロ」感が良いですね。最後のF#m7(onB)のキメが少々トリッキー。

ところで2004のThe Way Upを最後にPMGの作品はずいぶんご無沙汰してますけども、最近のLyleのインタビューなんか読むと、もうPMGの活動はもうないのかなあと思ったりして残念・・

そういえば昔ライルにインタビューした時にCDにサインもらってた。

Street Dreams (Reis)

Street Dreams (Reis)

posted with amazlet at 19.04.15
Lyle Mays
Warner Bros / Wea (1998-12-15)
売り上げランキング: 294,109

パットのジャズピアノアレンジスコアが発売です!

Pat Metheny (Jazz Piano Solos)

Pat Metheny (Jazz Piano Solos)

posted with amazlet at 19.06.04
Hal Leonard Corp (2019-04-29)
売り上げランキング: 19,057
Pat Metheny Songbook: Lead Sheets

Pat Metheny Songbook: Lead Sheets

posted with amazlet at 19.06.04
Pat Metheny
Hal Leonard Corp
売り上げランキング: 33,844

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください