Konnakol(コナコル、Konokol, Konakkol)


Konnakol

Konnakolとは?

Konnakol(コナコル、コナッコル、Konokol, Konakkol:タミル語:கொன்னக்கோல்は) とは、南インドの古典的なボイス・パーカッションの伝承芸能。いわゆる「口(くち)ドラム」で、パーカッションの奏法を様々な音節で表現する伝統的な技法。

Mahavishunu OrchestraのJohn Mclaughlinも実際にKonnakolを学び、自らの音楽やギタープレイにその技術を取り入れているのは有名です。

これ懐かしいですね。Trilok Gurtuとのプレイ。

Konnakolは、4分音符、8分、16分というパルスだけではなく、5連、3連、7連、9連といった奇数連音符などの様々な音節表現を組み合わせて「演奏」される技法。伝承技術であるから師から弟子へ脈々と伝えられてきたわけです。

下記はKonnakol研究家でも名高い、デンマークのギタリストHenrik Andersen(ヘンリック・アンダーセン)による解説。

彼はリンダ・マンツァーのギターのユーザーでも有名ですね。

ジョン・マクラフリンのレッスンビデオ

このように西洋音楽の記法(五線譜)を使い、いろいろな人が分析をしているわけですが、本場では音楽学校などでちゃんと教育も受けられるようです。

ドラムで再現する動画は枚挙に遑がない・・すごいねコレ。

ワタクシは勉強不足でよくわかっていないのですが、しっかりとした法則(?)があって上記のような恐ろしいインタープレイが可能になるらしいです。

いろいろな方がKonnakolの技法を様々なジャンルの音楽に活用しておりますね。

ドラムデュオ

Konnakolメタルバージョン

Lisa Youngのコナコル

バンドでもやってます

そういえばザッパ楽曲の譜割りもKonnakolの影響を受けているのでしょうか?前述のHenrik AndersenによるFrank Zappa Black Page #2 再現

こちらは本家ザッパのレゲエアレンジバージョン

そんなわけで、やっぱインドすごい!

Trilok Gurtu Crazy Saints:パット・メセニーも参加!

Crazy Saints

Crazy Saints

posted with amazlet at 18.03.06
Trilok Gurtu Pat Metheny Joe Zawinul Louis Sclavis Marc Bertaux Ernst Reijseger Daniel Goyone Shobha Gurtu
Creative Music Prod. (1993-10-14)
売り上げランキング: 206,358

サムネイルで引用したのはYouTube動画と譜面を組み合わせたサービス「soundslice」・・これ画期的ですね。
https://www.soundslice.com/

全然関係ないけどコレ良さげ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください