【パクリ?】日産(NISSAN) NOTE の TVCF と H ZETTRIO / Dancing in the mood


パクリ疑惑」(物騒な言葉だね)ということでNISSAN NOTEのTVCFが話題となっているようです。

CMはこれ 2018/5 追記:いつの間にか消えちゃってるみたいなので比較動画を貼っておきます。

元ネタ(原曲)と言われているのが、H ZETTRIO の「Dancing in the mood」

H ZETTRIOは、東京事変、PE’Zのピアニストであるヒイズミマサユ機氏(H ZETT M)が率いるジャズピアノトリオ。かっこええのう・・

さて、確かに曲想だけでなく、ピアノトリオという構成と、ローファイ風のミックスも相まって、明らかに「Dancing・・」をリファレンスにしたのは間違いないと思われる。この手の「パクリ」はよくある話。是非はともかく、NISSAN作品自体はかなりのハイレベルに仕上がっていると思います。

ただ、今回はご本人のツイートまで流れてしまって少々大事になってしまった。

・・と、ご本人はさすが大人の対応ですが、あまり良い気分ではない様子。

で、自分もさっと聞いただけでは具体的にどこが似てるのか指摘できなかったので、実際に耳コピ検証してみることにしました。

どのへんがパクリなの?

「パクリ」はイコール「盗作」というマイナスイメージで使われる場合が多いのですが、言い換え(?)の「インスパイア」「リスペクト」「オマージュ」との境界線は非常に恣意的ですね・・

まずは「Dancing・・」のイントロ(曲のキーはFm)たぶんこんな感じ

ワイルドなピアノの刻みフレーズがカッコいいです。「ルート、5度」の左手と「9th、3rd、7th」の右手の16分刻み。これテンポ140前後でキープするのはかなり大変。ぜひ弾いてみるとよろし。

続いてNISSAN。キーは「Dancing・・」より半音低いEmですが、ここでは比較しやすいように半音上げて記譜しておきます。

フュージョンのクラビフレーズ的な感じですね。両者が共通しているのは16分ウラの刻みという点。確かに似てるけどまあよくあるやつといえばそう、、これはこれでかっこいい。

続いて中間部。ここは決定的で、コード進行はほぼ同じ4度進行。それでは二曲同時にどうぞ!(笑)といえるほど確かに同じ。 上段が「Dancing・・」、下段がNISSAN。

メロディーは異なりますが、進行、Db7のピックアップのソロ、ブレイク、完全に構造は同じ。しかし

完全にリファレンスを元に作ったと思われるが、法的にはメロディーが異なるので著作権侵害にはならない・・・

と判断されると思う。ただし、これがどこでどう使われるかで心情的には問題は変わってくる。

冒頭のリンク先にもあったけど、

「あまりにも”そのまんま”じゃない限りそう目くじら立ててパクりパクり騒ぐ必要はない」

というガイドラインだが「そのまんま」かどうかの判断は、どれだけの音楽を聴いてきたかといった個人の素養によっても異なるし、16ビート・ジャズスタイルのピアノ・トリオってそんなにバリエーションが有るわけでもないので、普段この手の音楽を聴いてない人にはみんな同じに聞こえる場合だってあるだろう(本ケースはそれには当たらないが)。

本ケースで「そのまんま」なのは演奏スタイル、テンポ、編成、コード進行(キー違い)、つまりメロ以外全部だ。現行法的には引っかからないが「これNISSANのCMで流したらどうなるか?」という採用した側の想像力と仁義の問題なのかと(担当が気にならなかったのかもしれないが・・)。すでに600万回再生されてるし・・H ZETT M氏の反応も当然といえば当然だ。スーパーの打ち込みBGMだったらここまで大事にはならなかっただろうに。誰か気づいて忠言してくれる人いなかったのかなあ?

なお冒頭のリンク先

今回の件に関しては「著作権料を支払いたくない」という意図が明確にある。完全な確信犯だ。

とあるけど、その意図があるなら、原盤使った場合、もしくは描き下ろしてもらった場合、いったいどのくらいの経費になるんだろう。「パチモン」制作費(音楽だけの買い取りであれば、20万~くらい?)より相当高くなる見積もりだったということだよね?詳しい方ご教示いただければ幸いです。

こうしたTVCF音楽の場合、よほどの大御所でないとおまかせは無いだろう。クライアントや代理店側から曲のイメージやリファレンス音源の指定があるのが通常と考えてよいと思う。

クライアントの担当がH ZETTRIOのファンだったのかもしれないが、でも天下の日産だったら本人使おうといった流れになると思うので、おそらくは代理店から「こんな感じでよろしく!」と渡された音源を作家さんが忠実にキャプチャして作ったのだろう(あくまで推測)で、そのままスルーでオンエアまでいっちゃったと。で、オマージュとは受け取られなかった。

自分は頭ごなしにNISSANバージョンを否定するつもりは毛頭ない。むしろ、この世界観を作り上げたのはスゴイしプロの仕事だと思っている。どなたの作品か知りたいくらいだ。ただキャプチャーされた側の気持ちを考えると、たしかにこの「使い方」は不適当だったとも思う。作った人には罪はないということ、使った側の責任。

他にもサンドイッチのCMにも同様のケースがあったようですが、これはご本人も仰せの通り似てるなあというレベルかなと。

原曲?

ところで”Beautiful Flight”のキメの部分って Ritenour / Grusinの Captain Caribe へのインスパイアを感じますがどうでしょう?

なぜかカプースチンも思い出しました。

リンク先にもあったけど、こうした商業音楽の在り方ってすごく難しい。自分も「メ◯ニー風でお願いします」と言われてこれまで多くの「パチモン」作ってきたから、作り手(と呼べるのかどうかもわからないけど)の端くれとして本ケースは考えさせられた。オマージュって難しいね。

共鳴する音楽

共鳴する音楽

posted with amazlet at 17.06.23
H ZETT M
apart.RECORDS (2017-06-21)
売り上げランキング: 153
ピアノトリオスコア (Piano/Double Bass/Drums) H ZETTRIO 『PIANO CRAZE』
ヤマハミュージックメディア
売り上げランキング: 9,251
NORD ノード / NORD PIANO 3 ノードピアノ
NORD(CLAVIA)
売り上げランキング: 100,909

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください