Behringer(ベリンガー)のシンセ「DEEP MIND 12」リリース


Behringer(ベリンガー)がシンセをリリースするという噂からはや数年。当初はArp Odysseyクローンという話もありましたが、KORGから本家の復活があったもんだから、流石に二番煎じはあんまりと考えたのか、しばし沈黙。

それから一年。ついに「シンセ出します!」という正式アナウンスがありました。

それが2016年7月12日のティーザー動画公開。

ANALOGナントカ・・という表示からアナログ・シンセ?という期待が高まります。「VCA」って表示もあるしSyncも・・

で、第二弾のティーザー

アルペジエーターもあるらしい。

・・で第三弾

ポリシンセか~?
screenshot_30

し、しかし・・

screenshot_31

ディ・・D・・・・DCO?

アナログシンセの正しい定義はよくわかりませんが、DCOを積んだJUNO-106もアナログシンセと呼ばれるくらいですから・・・・wikipedia

個人的にはオシレータだけデジタル制御(DCO)その他はアナログ回路であってもアナログシンセと呼ぶのは少々抵抗があるなあ。

vol.4公開

アナログ12ポリシンセだそうです!と言うわけでそろそろ発表しても良いと思われ・・・・

そんなわけであとはBehringerのことだから¥29800~くらいで出してくれないと・・・

Vol5公開 型番は「Deep Mind 12」

screenshot_36

エフェクトはKLARK TERNIK社とのコラボのようです。

screenshot_35

screenshot_34

「DEEP MIND 12」という型番のようですね。ネット上で見かけたウリ・ベリンガーのインタビューによれば、シンセ部門を開設してこれからも様々な機種を発表していくとのこと。

2016/7/30 追記
MAIDAS開発チームのインタビュー動画が https://www.amazona.de で公開されています。プロトタイプは「PHAT 12」というネーミングだったんですね。

画像は下記より引用

Preview & Interview: Behringer DeepMind 12, Analogsynthesizer

screenshot_37

screenshot_38

「DEEP MIND 12」はRoland JUNO-106にインスパイアされたシンセのようです。JUNO-106を「アナログシンセ」と呼ぶのは個人的には「?」ですが・・・「ピュアアナログ」という呼称もあるようにアナログシンセの定義はメーカーによって曖昧なようですね。

コレだけのルックスなので価格は10万オーバーかな?

700ドルという話もありますが・・・

2016/8 追記

BehringerのfacebookでDEEP MIND12のモジュール(desktop)バージョンのイメージが公開されております。希望が多かったら生産するかも・・といったノリのようですね。

13680546_10154412137828914_9034407131506796176_n 13686613_10154412138468914_9182068296905762065_n 13891822_10154412138263914_2726115406635200286_n

 

 

 

ARP ODYSSEY アナログシンセサイザー
ARP
売り上げランキング: 38,725

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください