【レビュー】スマートウォッチ Pebble Time を試してみた


f:id:metpatheny300:20151114094433j:plain

Kickstarterで10万ドル集めてギネス記録にもなったスマートウォッチのPebble

アプリの豊富さと自由度、防水仕様、そしてバッテリーの持ち時間でApple Watchより魅力的だったので、ついついポチってしまいました。

Amazonプライム会員なので翌日届きました。赤は値段高いんですね。

セットアップ

まずはセットアップですが、iPhoneまたはAndroidデバイスと連動するのがこのPebble Watch。とりあえずまずはスマホとペアリング。

(以降iPhone6 plusで話を進めます)

f:id:metpatheny300:20151114095951p:plain

Bluetoothペアリングですが、後ほど通知機能を使う場合はBloutioth LE(low Energy)でペアリングする必要があるようです。

次にiOSアプリをiPhoneにインストールしろとPebbleが言っております。

f:id:metpatheny300:20151114095255j:plain

Pebble Timeアプリをダウンロード。

最新ファームウエアを勝手にインストールしてくれるようです。このあたりは言われるがままに・・

f:id:metpatheny300:20151114095235p:plain

これで、Pebble Time が使えるようになって膨大な各種WATCHFACE(いわゆるスキン)やアプリをダウンロードすることができるようになります。これだけでもウキウキしますね〜

f:id:metpatheny300:20151114101210p:plain

f:id:metpatheny300:20151114101343p:plain

WATCHFACEはいろいろあって非常に悩みますが、しばらくは日替わりで色々と設定してみようかと思います。今日はこれ。

f:id:metpatheny300:20151114101540j:plain

WATCHFACEのセッティング画面で、天気の摂氏(°C)華氏(°F)などの設定ができるのですが、WATCHFACEの種類によっては天気情報をうまく取得できない場合もあります。私の場合「Weather provider」設定をopenweatherからyahooにしたらうまくいきました。理由はよくわかりませんが・・まあいいか。

f:id:metpatheny300:20151114102430p:plain

というわけで、とりあえずPebble Timeが「時計」としての最低限の機能はこれで果たすことができたわけです。

さてPebbleの魅力はストップウォッチやタイマー、万歩計、ミュージックプレーヤーリモコン、音声入力&外国語変換・・等々のアプリ機能も勿論ですが、やはりスマホと連動する「通知」機能が地味ながらも一番便利だと思います。

通知機能

Pebble Timeでの通知の設定はスマホの通知設定に準ずるので、例えばiPhone側でLINEの通知をオン(設定>通知>通知スタイル)にしておけば、iPhoneをバッグにしまったままでも、Pebbleのバイブで知ることができるようになります。もちろん電話がかかってきてもブルって知らせてくれるわけです。便利です。

f:id:metpatheny300:20151114105204p:plain

例えばLINEだったらこんな感じですね、Amazonからのお知らせ(T_T)

f:id:metpatheny300:20151114105530j:plain

AndroidだとLINEで返事したり定型文を送信したりという設定ができるらしいです。iOSも早く対応して欲しいですね。まあそのうち出来るようになるでしょう。

カレンダー通知をオンにしておけばPebbleのバイブがブルって事前に設定した時間でスケジュールも教えてくれます。便利です〜

f:id:metpatheny300:20151114110705j:plain

デフォルトでは「日の入り」と「日の出」時間を無理やり通知されることになります。まあいいか。

というわけで、非常に便利なPebble Timeなわけですが、実は大事なことをすっ飛ばしてました。それは「日本語化」です!

日本語に対応させる

Pebbleはデフォルトでは日本語はすべて四角い「豆腐」状態になってしまうので、先ほどの写真のような通知画面にするためには「日本語化」が必須となります。ちょっと前だとAndroid端末が必須でしたが、このエントリーを書いた時点(Pebble Timeのファーム3.6.1、iPhoneアプリ3.3.1)ではパソコンとiPhoneだけで日本語表示することができました。

◎PCで日本語パッケージをDL

日本語パッケージは有志方々の手によるものですのです。ありがたく使わさせていただきます。入手方法はこの辺りを参考にさせていただきました。

frappt.com

1) ダウンロードした「pbJapanese_j06.pbl」といった日本語パッケージ・ファイルをDropbox等の共有アプリに収納し、iPhoneDropboxで共有できるようにします。

2) iPhone側のDropboxで日本語パッケージファイルを選択し、Pebble Timeで開くように指定します。

f:id:metpatheny300:20151114111814p:plain

このやり方が正解なのかどうかわかりませんが、とりあえず私の場合はこれで日本語化できました。※自己責任でお願い申し上げます。

というわけでめでたくPebble Timeが日本語表示できるようになりました。

不具合?

最後にPebble Timeを2〜3日使っていて出くわした現象についてレポートしておきます。

◎バイブが動作しない。

通知の記録はあったんだけどバイブが動作しないという現象がありました。原因はわかりませんが、下記の方法で解決しました。

まずは設定を確認

Pebble Timeの本体の右真ん中と上下のスイッチを操作して設定画面を表示させます。

f:id:metpatheny300:20151114112751j:plain

NOTIFICATION(通知)を選択

f:id:metpatheny300:20151114113115j:plain

通知設定を確認。電話だけ知らせるとかの設定はここでできます。写真ではすべて通知する設定になっています。ここをON、OFFする「おまじない」も場合によっては有効なようです。

f:id:metpatheny300:20151114113209j:plain

この設定が正しいにもかかわらずバイブが動作しないという場合はiPhoneのアプリ通知設定を見直します。それでもダメな場合はPebble Timeの「初期化」を行います。

初期化は結構時間がかかって「固まった?」と一瞬不安になりましたがじっと待っていたら、出荷時の状態にもどりました。改めてBluetooh設定からやり直したとバイブ問題は解決いたしました。初期化の後、ペアリングができなくなった場合は、iPhoneの設定メニューBluetoothの「自分のデバイス」のところで以前ペアリングしていたPebble関連の登録を削除してみてください。これで再度ペアリングすればいけると思います

この他アプリ等との組み合わせで色々と不可思議な現象が起きる場合もあるようですが、まあこうしたトラブルをクリアしていくというのもこうしたガジェットの楽しみの一つ(?)でもあるのかもしれません。でわ。

充電中はこんな感じ

f:id:metpatheny300:20151117001858j:plain

Fire タブレット 8GB、ブラック
Amazon (2015-09-30)
売り上げランキング: 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください