Keith Jarrett (キース・ジャレット) – All The Things You Are 耳コピ


Tribute

Tribute

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Ecm Records
  • 発売日: 2000/04/11
  • メディア: CD

89年のライブ。「All The Things You Are」のイントロではキース・ジャレットの驚異的な演奏を聞くことができます。とにかくタイム感がすごすぎますね。

採譜してみました。(リアルタイムではさすがにコピー無理なので二分の一スピードにして採譜。最近は音程を変えずにスピード可変再生できるソフトやデバイスがあるので非常に便利です。

screenshot_01-8f5b0

コード進行はよくある4度進行。フレージングは単純なコード構成音だけでできています。譜面だけ見るとつまんない演奏に思えるかもしれませんが、ただしテンポが270超(!)のスイングとなると話は別ですね〜。

無謀にも打ち込んでみたました。(ベタ打ちご容赦)

ATTYA.mp3

手抜きのベタ打ち込みですがこれをリアルタイムに演奏するってやっぱり一流プレイヤーってのは違う。

で、実際どんな感じで弾いてるかいまいち実感できないと思うので、わかりやすくドンカマ入のスローテンポ版を作ってみました。

ATHYA_slow.mp3

BPM=270でスイングするのは常人ではまず無理。CDではこんな感じで、なんと5コーラスにわたり弾きまくった後テーマに突入するのですが、直後の大歓声から聴衆の熱狂ぶりがうかがえますね・・だって凄いよコレ。

とにかく両手のコンビネーションがすごすぎて脱帽です。ラベルとかラフマニノフとか超絶技巧を要するクラシック楽曲とはまた別次元の深淵な世界をかいま見る気がしますね・・

こっちの方はまだなんとか誤魔化しながら弾けそうな気がしますが・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください