Genesis : The Lamb Lies Down On Broadway のイントロ・ピアノ


Genesis の「The Lamb Lies Down On Broadway(邦題:幻惑のブロードウェイ)」オープニングイントロ。いったいどうやって弾いてるんだろう?と昔から謎だったんです。Youtubeなどでもいろんなヒトがチャレンジしていましたが、おそらくこれが正解ではないでしょうか。(Tony Banksが弾いてる動画を見たことがないのであくまで想像です)

LLDOB.jpg(右端が切れてたらダウンロードして見てください)

両手で16分を交互に弾いてると思うんですが、曲中もずうーっとこのパターンなので、非常に忍耐を強いられる曲なのでは無いでしょうか。Tony Banksのフレーズは他にも両手交差などを多用している曲が多く、同じくThe Lamb Lies Down On Broadway収録の「carpet crawlers」もその一つ。

carpet crawlers

この方はRMIのエレピ実機使ってますねすごい

バックにハモンド、Arp Pro Soloist、Mellotronが見えますが、この御方は有名なPink Floydのオマージュバンド「Brit Floyd」のキーボーディストである「Matt Riddle」さん。

他にも色々とインストラクションビデオがアップされていますので要チェックですね。
https://www.youtube.com/user/wilecuyote/about

Tarkus リズムが(?)というとこもありますけども・・・

Matt Riddleさんの機材紹介・・YESメドレーです(笑)

【関連記事】The Lamia / Genesis ラミア / ジェネシス トニー・バンクスのピアノフレーズ